FUJIFILM Wako

コンプライアンス

コンプライアンス推進への取り組み

企業活動を継続して展開していくためには、社会からの信頼を獲得し、企業の存在価値を認めてもらうことが不可欠であり、信頼獲得の基盤となるのがコンプライアンスへの真摯な取り組みであるとの考えの下、1999年に「和光純薬コンプライアンス・プログラム」をスタートさせ、コンプライアンス・オフィサーおよびコンプライアンス推進委員会を置いて、コンプライアンスを推進しています。

当社の役員および従業員は、事業活動における富士フイルムグループ共通のコンプライアンス実践の基準として、富士フイルムグループ「企業行動憲章」および「行動規範」を理解し、遵守しております。