WAKO

環境保全の取り組み

真に信頼される企業として、
真摯に環境保全に取り組みつづけます。

私たちは化学物質を取り扱う企業として、環境保全・安全操業は会社存続の重要課題であると認識し、この問題にいち早く取り組んできました。
2000年には本社および東京支店、全社7工場を対象として環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得。
また、長期的な取り組みとして環境中期目標「Wakoエコプラン」を設定し、すべての社員が環境保全活動を推進しています。さらに、ダイオキシン測定用試薬や全窒素・全りん自動測定用試薬、グリーンケミストリー商品など、環境関連製品の開発による社会貢献をはじめ、地域住民、近隣企業とともにクリーン活動などの実施にも努めています。
私たちは顧客から真に信頼される企業を目指し、地球環境の保全のために真摯な取り組みをつづけてまいります。

化学物質に関する総合安全活動

[レスポンシブル・ケア]

排水、騒音、振動、廃棄物、PRTR法関連物質の排出量削減の取り組みなど、化学物質の総合的監視・管理活動を、長年のデータ蓄積を生かしながら積極的に推進しています。

地球環境と地域が調和する場を積極的に提供

行政・企業・住民・学識経験者が一体となり環境防止について話し合う「リスクコミュニケーション」や工場スタッフと地域住民による交流イベントを開催するなど、地球環境と地域の調和をめざしています。

環境保全規制の遵守が認められ「Gold Award」を受賞

ISO14001の全社取得はもちろん、さまざまな環境改善プログラムを積極的に推進。米国和光のリッチモンド工場においては、排水規制の遵守・工場排水の削減が認められ、チェスターフィールド郡環境管理局より「Gold Award」の表彰も受けています。