WAKO

経営の基本精神

創業以来ゆるがぬ経営理念のもと、企業活動を推進します。

《 経営理念 》

科学技術の振興と学術研究の進展に寄与し、
人々の豊かな暮らしに貢献する。

日本の医科学の研究活動が盛んになり始めた大正初期において、試薬は種類に乏しく、そのほとんどを輸入に頼らなければならない状況でした。そこで和光純薬工業は品質が高く、豊富な種類の試薬を輸入し、いつでも研究者の方へ迅速に提供できるような体制を整える一方で、国産の試薬開発・生産にも取組んでまいりました。

「試薬の提供を通じて研究者の方々のお役に立ちたい。」
この思いに根ざす考え方は創業以来、変わることのない経営理念として全社に息づいています。

《 経営方針 》

私たちのコア・コンピタンスである“技術力”を生かし、
"感動"を提供するイノベーションパートナーを目指します。

《 企業ビジョン 》

感動を提供するイノベーションパートナー

"感動"とは、お客様から一般的に求められる信頼・品質・サービスを超えたプラスアルファを提供することです。 “感動”していただくことは、お客様第一主義の最高の形であるとの思いを込めています。
また、研究開発型企業としてお客さまに信頼される強い和光ブランドを確立し、業界で確固たる地位を築き、グローバル社会においてさらに存在価値のある企業を目指します。

和光純薬工業はこれからも持続的な成長を遂げるために、社員ひとりひとりが成長することにより、企業の発展と希望ある未来へとつなげていくと共に、社会的責任を重視し、事業活動の土台となるコンプライアンスの実践と地球環境に十分配慮した取り組みを誠実に遂行してまいります。

《 行動指針(バリュー) 》

For the Customer, For Ourselves, For the Future

当社の成長はお客様に支えられています。そして当社の持続的な成長に向けた原動力は当社で働く社員一人ひとりです。
顧客第一主義をモットーとして、当社が成長することにより、お客様も、そして我々自身も幸せになれる。そんな未来を描いて行きます。