FUJIFILM Wako

和光純工業 定期採用 Wako Recruitment

  • FAQ
  • 採用Navi
  • 職種診断チェック
  • 先輩の声
  • 事業紹介
  • 社長メッセージ

お客様の信頼が第一アンテナを張り、役立つ情報を届ける 中村 三千代

入社からこれまでの業務内容について教えてください。

入社後、試薬一課の配属になり、大学の先生ら研究員の方への営業を担当しました。その後、2014年4月、新たに設立された技術サポート課に配属。和光の全製品を扱う営業に対し技術サポート課は、担当する製品に対する深い知識を持って営業をサポートしています。 扱う製品は、抗体やリコンビナントタンパク質、キット類など。特定の製品のパンフレットをつくり、お客様へご提案しています。設立されて間もない部署なので、自分の思ったことをすぐに実行できる環境ですね。

営業職を希望された理由は?

大学で研究していたこともあり、ライフサイエンス分野には関わり続けたいと考えていましたが、研究職を続けるつもりはありませんでした。研究自体は面白いと思うのですが、ずっと研究室の中で仕事を続けていくことは自分の性格には合わないなと。会社の外に出る仕事が良いと思いましたし、人と話すのも苦ではない。このように自分の希望や適性を考えていた頃、タイミング良く和光純薬の営業職を見つけ、応募しました。

入社前後でギャップはありましたか?

営業職というと何より製品の専門知識が求められると思っていましたが、それと同じかそれ以上に、人付き合いが大事ということが分かりました。情報は、お客様との何気ない会話の中から引き出すことができるものです。自然と会話が生まれるような関係づくりが大切だと気づきました。

大切にしているモットーは何ですか?

お客様の信頼を得ることです。目先の売上ばかりを考えていたら、製品の良い側面だけを強調したりしてしまいがちですが、それではその先、お客様から信用していただくことはできません。情報は全て伝える、さらにお客様にとって役に立つ情報を提供し続けることで、関係を深めていきたいと思っています。そのためにもアンテナを張っておくことはとても重要。今どんな研究が流行っているのかを把握するようにし、お客様の立場に立ってどんな情報が必要なのかをイメージしています。

今後の目標を教えてください。

営業活動を通して新製品の「ネタ」を拾い集め、新しい製品の開発につなげたいですね。実際に大学の先生からご要望を頂き、開発部門とも協力して製品化した例もあります。お客様のお役に立てる製品に、自ら関わっていきたいと思います。

学生の皆さんにメッセージをお願いします。

イメージ

私自身、就職活動の前半戦は面接のマニュアルにとらわれ過ぎて、思うように進みませんでした。そこで考え方を変え、マニュアルに頼らず面接官と普通に会話することを意識し始めてからは、うまく話を伝えられるようになってきました。面接のときは会話を楽しむ気持ちで臨むのが良いと思いますね。

PICK UP

海外で異文化に触れる

海外で異文化に触れる

海外旅行にはよく行っていて、一昨年はヒマラヤ山脈を見るためにネパールへ、昨年末はチベットへ行きました。自然に囲まれた土地で信仰心の厚い人たちとふれ合い、心が洗われるような気持ちでした。

先輩の声トップへ