WAKO

RNA/DNAやタンパク質などを対象とした商品を研究開発しています

われわれのグループは、和光純薬のライフサイエンスがこれまでに取り組んできた核酸抽出、抗体作製、発光検出などの技術をもとにRNAやDNA、タンパク質などを対象とした商品を幅広く研究開発しています。
既存品をより使いやすいものにとか、より低価格のものにといったユーザーニーズに応える商品の開発とともに、オリジナリティーの高い、世界に通用する商品を開発しようと努力しています。

オリジナル商品の研究開発の取り組み

これまでにRNAを対象に研究開発してきたオリジナル商品の1つとしてマイクロRNA関連の商品が挙げられます。
マイクロRNAはタンパク質をコードしない小分子のノンコーディングRNAの1種で、生物の発生、細胞分化、疾患研究などさまざまな分野で精力的に研究が進められています。
中でもがん関連の研究ではがん化によって量が特異的に増減するマイクロRNAが多く見つかってきており、創薬や診断薬のターゲットとして世界中で注目を集めています。
われわれはマイクロRNAに結合しているAGOサブファミリーというタンパク質群に着目し、これらのタンパク質を特異的に認識する抗体を用いたアフィニティー精製法がマイクロRNAの濃縮精製に利用できるのではないかと考え、AGOサブファミリーの各タンパク質に対する特異的抗体の商品化を進めてきました。さらに、それらの抗体を利用して細胞や血液サンプルから簡便に高純度なマイクロRNAを取り出すことができるキットを世界に先駆けて商品化しました。
またこの他にも、独自の原理に基づき微量DNAを高収率に抽出することができるキットや、DNAのメチル化を独自の高効率バイサルファイト法で効率よく検出することができるキットなどオリジナリティーの高い商品の開発に成功しており、これらの商品は世界中の研究者から高い評価を受けています。

世界に先駆けて和光純薬が開発・商品化を果たした「マイクロRNアイソレーションキット、 ヒトAgo2」

世界に通用する商品を作りたい

われわれが一番目指していることは「世界に通用する商品を作ろう」ということです。和光がこれまで培ってきた“高品質な試薬”だけではなく、ライフサイエンスへの取り組みを世界中の人に知ってもらいたいと思っています。
特に、今後はRNAやタンパク質の運び屋として注目されているエキソソームや、再生医療やがん研究などの分野でも盛んに研究されているエピジェネティクスの分野で世界に認知される商品を提供していきたいと思っています。

“よい試薬”の条件は、ユーザーから信頼され続けるものであること、そして他社にない独自の特徴をもっていること。

われわれが研究開発している“よい試薬”の条件とは、ユーザーから信頼され続けるものであること。そして他社にない独自の特徴をもっていること。しかも、安価に提供するという点も重要になります。これらの条件を満たすために、ユーザーニーズを見極める専門部署のマーケティング部、商品開発パートナーである商品開発部と密に連携しながら仕事を進めています。
試薬の開発に携わっていると、対象となる研究分野もさまざまで、それぞれの分野での研究者の方々とふれあう機会がたくさんあります。
専門分野だけではわからない巡り会うことのなかった機会や刺激がたくさんあり、最先端の幅広い分野のことを勉強できるのが、この仕事の楽しいところでもあります。
そのような楽しみをチーム全員で味わいながら、世界で認められるような試薬をたくさん出していきたいですね。
商品開発をとおしてチームのみんなが楽しんで、やりがいをもって将来の科学のチカラに役立っていけたらいいと思います。

「商品開発をとおしてチームのみんなが楽しんで、やりがいをもって将来の科学のチカラに役立っていけたらいいと思います。」