FUJIFILM Wako

加速化する生命科学のトレンドに呼応 ライフサイエンス研究所の構造改革

安全な再生医療を実現する

「iPS細胞を医療に結びつけるには、絶対に超えなくてはいけないハードル。なんとしても成し遂げたい」と意気込むのは、ライフサイエンス研究所幹細胞研究ユニットの福田雅和だ。
iPS細胞は、あらゆる細胞に分化する万能細胞。2006年に京都大学の山中伸弥教授が作製に成功して以来、全世界で急ピッチに研究が進み、細胞のみならず、組織や臓器を作製し、人体に移植する再生医療への応用が現実味を帯び始めている。
だが、臨床応用へは大きな問題が横たわっている。iPS細胞を移植細胞に分化誘導する過程で、分化しないものが残ることがある。残存した未分化細胞は、たとえ数個でも人体に移植されると腫瘍化する恐れがある。移植細胞の作製過程で、未分化細胞を見つけ出し、それだけを完全に取り除かなくてはならない。
鍵と期待されているのがレクチンだ。レクチンは糖鎖と結合するタンパク質。ある種のレクチンは、iPS、ES細胞の表面に出現する糖鎖を認識し結合する。福田らは産業技術総合研究所との共同研究で、そのレクチンに殺傷能力のあるタンパク質をくっつけ、未分化な細胞を殺傷できる試薬を開発した。
画期的な成果。だが、再生医療へ応用するにはまだ課題も多い。
「iPS細胞由来でも分化を完了した細胞には、この糖鎖は見られません。したがってiPS細胞由来の移植細胞中に腫瘍原性の未分化細胞が残っていたら、その細胞のみを攻撃することができるのです。ただし神経、心筋、肝臓など目的細胞によって分化誘導の方法は様々です。そのため分化誘導の進行に伴って生じるこの糖鎖の消失タイミングも異なります。どのタイミングでこの試薬で処理するのがベストなのか、さらに研究を進めていく必要があります。難しい問題で、僕らが分化誘導系のすべてを検証することはできませんが、ユーザーと協力しながら答えを見つけたいと思っています」

幹細胞研究ユニット
福田雅和 主任

iPS細胞培養の大きな課題に解決の道筋をつけた。

生命の秘密を握るエクソソームをとらえろ

細胞が分泌する細胞外小胞エクソソームが近年着目されている。小胞の中にmicroRNAを始めとする核酸やタンパク質が入っていて、どうやら細胞間のコミュニケーションの担い手として機能しているのではということがわかってきた。
細胞の分化、状態の維持、がん化にも関与していると見られ、エクソソームに含まれるタンパク質が様々な疾患のバイオマーカーになりうるとして、研究者は躍起になってマーカー候補を探している。
大事になるのがサンプルの純度だ。不純物が混じっていたら、そのマーカーが正しいものなのかどうか、そのエクソソームに含まれていたものなのか判断を難しくさせる。
そこでライフサイエンス研究所が開発したのが、磁気ビーズにエクソソームを特異的に捉えるタンパク質を結合させた試薬。エクソソームサンプルを反応させた溶液に磁石を近づけると、磁気ビーズに補足されたエクソソームが集まってくる。エクソソームの純度は他の方法に比べて極めて高い。
「僕らはつねに研究者目線、つまりユーザー目線。研究者のみなさんは、純度を大事にされていることはわかっていましたから、従来法より簡便に高純度のエクソソームがとれるという一点に特化して開発しました」と技術開発ユニットの請川亮は、胸を張る。
読みはあたり、現在、同試薬は販路を大きく拡大している。
かねてから研究テーマとして取り組んでいたが、エクソソームへの注目がにわかに高まり、研究を急がなければならないとのプレッシャーが高まってきた。ちょうどそこへ技術サポートのスタッフから「こんな人がいるけど、一緒にやれたらおもしろいのでは」と大阪大学の研究者を紹介された。会いに行ったところ意気投合し、トントン拍子で研究が進んでいったという。
「近年のライフサイエンス業界は、時代の流れが自分たちでも驚くほど早い。よいものであっても時間はかけていられませんから、共同研究開発はとても有効でした」

技術開発ユニット
請川亮 主任研究員

研究者と同じ目線に立って課題を探し解決策を練る。

加速化を促す研究所の構造改革

矢継ぎ早に画期的な成果を世に送り出すライフサイエンス研究所。その背景には研究所の構造改革がある。
現所長の定村佳房は、2015年、マーケティング部門から移ってきた。そのとき荷物と一緒に運んできたのが、長年のマーケッター活動で集めた膨大な研究者のリストだ。
「『こんなことがあったらいいのに』とスタッフがつぶやくのを耳にしたら、すぐに『こういう先生がいるよ』と紹介できる。研究の加速化が求められる昨今、これがあるとないのでは、大きく差が出ます」
リストをもとに大学の研究者などを訪問し、共同で研究して論文を作成する。スタッフは研究の手を止めることなく疑問を乗り越え、次のステップに進めるので、社会のニーズに対してタイムリーに製品を提供できる。
「顧客視点がなにより大事。ニーズに応えられるものをと考えれば、こういう進め方以外にはありません」
研究所内のレイアウトにも大鉈を振るった。以前は、スタッフそれぞれにブースが与えられていたが、仕切りを取り払い、どこからでも見通せるようにした。分野の近い研究をしているスタッフがいれば、すぐさま席替えして、声が届くようにする。
「ちょっとした話のなかにヒントが隠れている。それをお互いが知って、議論することで、よいアイデアが育つんです」

定村佳房 所長

つねに未来を見据えて

 一定のスピードを手に入れることには成功したが、ライフサイエンスの潮流はますます加速しており、5、10年後を見据えると、さらなる施策を打っていかなくてはならない。目が離せないのはIoTの動向だ。
「3~5年後、IoTは、いまとはまったく別物に違うものになっているに違いありません。試薬の開発はもちろんのこと、創薬や医療の形も大きく変わるでしょう。そこで我々の特色をどう生かしていくか。アイデアはたくさんあるのですが」と、定村所長。
AIが開発計画を立て、ロボットが行き交うラボ。そんな未来への布石も、すでに打ち始めている。

スタッフ同士の会話から革新が生まれる。
スペシャルレポート 次の科学のチカラへ 第2回 化成品開発部 リチウムイオン電池の材料などとなる機能性ポリマーと半導体製造工程で用いる洗浄剤の分野で、国内屈指の開発力を有する、化成品開発部の取り組みを紹介します。