リン酸L-アスコルビルマグネシウム

特徴

リン酸L-アスコルビルマグネシウムはクリーム、化粧水、パウダーなど様々な剤形の化粧品に安定に配合することができます。本品は皮膚からの吸収性が高く、生体内のホスファターゼにより速やかにビタミンCに転換され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を阻害します。また、本品は、ビタミンCの作用として知られているコラーゲン生成の促進、過酸化脂質の生成の抑制などの作用から、肌荒れ防止、肌の張りを保つ効果が期待されます。

品名(略号) リン酸L-アスコルビルマグネシウム
化学名 L-Ascorbic Acid Phosphate Magnesium Salt n-Hydrate
日本化粧品成分表示名 リン酸アスコルビルMg
医薬部外品成分表示名 リン酸L-アスコルビルマグネシウム
INCI(国際化粧品成分名) MAGNESIUM ASCORBYL PHOSPHATE

用途

構造式

イメージ

CAS NO. : 113170-55-1(無水物として)


物性

外 観 形状:粉末又は顆粒
色:白色〜微黄色
融 点 200℃以上
溶解性 水 :150g/l 水(22℃)
その他 :アルコールに不溶、ヘキサン、クロロホルム、酢酸エチルに不溶
pH 7.0〜8.5 (3→100)

認識番号

消防法 -
毒物及び劇物取締法 -
化審法 5-5982
安衛法 8-(4)-929
変異原性 微生物を用いる変異原性試験(大腸菌、サモネラ菌)
陰性 染色体異常試験 陰性
経口毒性(LD50 経口 ラット >2,000mg/kg
JCIC 506029

規格

  • 医薬部外品原料規格2006

さらに詳しくはお問い合わせください。製品へのご質問・ご要望をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

受託製造で、お客様のご要望にそった製品をご提案・サポートできます。

受託製造について

他の製品をお探しですか?

製品カテゴリ(一覧)から探す 用途から探す