HOME  >  技術・設備  > 

光塩基発生剤とは?

 光塩基発生剤(PBG:Photo Base Generator)は、紫外線の照射によってアニオン(塩基)を発生します。PBGから発生する塩基を利用したアニオンUV硬化技術は、塗料、印刷インキ、歯科材料、フォトレジストなどの様々な分野での応用が期待され、近年注目を集めています。当社では、独自に開発した PBGに加え、東京理科大学・理工学部の有光准教授と共同で製品開発した様々なバリエーションのPBGを取り揃えております。

アニオンUV硬化の特徴

  • 光ラジカル開始剤のように、酸素による失活がありません。
  • 光酸発生剤のように、発生した強酸による金属基板の腐食や硬化樹脂の劣化がありません。

用途

 エポキシやイソシアネートの架橋反応、ポリアミック酸のイミド化触媒、オルガノシランのゾル-ゲル反応、レジストポリマー中における酸の中和剤などに使用されます。

 

    図1.ポリグリシジルメタクリレート(PGMA)を用いたフォトパターニング

PBGの分類

 PBGは非イオン型とイオン型に大別されます。非イオン型PBGは、1〜2級アミンやイミダゾールが発生可能であり、安定性や耐熱性に優れるのが特徴です。一方、イオン型PBG は、3級アミンやアミジン・グアニジンなどの有機強塩基を発生可能であり、架橋剤やモノマーとの反応性が高いのが特徴です。

選定方法

樹脂中で使用する場合、下記の4点が重要となります。

    ・発生する塩基の種類

    ・樹脂(モノマー、オリゴマー)、溶媒、希釈剤への溶解性

    ・耐熱性

    ・PBGのUV吸収と光源のマッチング

     

非イオン型PBG

一般構造式
塩基の種類 品名 溶解性1) 耐熱性2)

365nm

の吸収

254nm

193nm

の吸収

WPBG-165
WPBG-018
WPBG-172
WPBG-140
WPBG-166
WPBG-027

1)PGMEAへ5wt%以上溶解する品目を○とする   2)TG-DTAの分解温度が200℃以上の品目を○とする

 

イオン型PBG

一般構造式
発生塩基 品名 溶解性1) 耐熱性2)

365nm

の吸収

254nm

193nm

の吸収

WPBG-082
WPBG-167
WPBG-168
WPBG-266 (新製品)

1)PGMEAへ5wt%以上溶解する品目を○とする   2)TG-DTAの分解温度が200℃以上の品目を○とする

 

お客様の用途に応じてご利用ください。

光塩基発生剤(WPBGシリーズ)の製品紹介はこちら

さらに詳しくはお問い合わせください。製品へのご質問・ご要望をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

受託製造で、お客様のご要望にそった製品をご提案・サポートできます。

受託製造について

他の製品をお探しですか?

製品カテゴリ(一覧)から探す 用途から探す