HOME  >  技術・設備  >  オスミウム酸化反応

オスミウム酸化反応

四酸化オスミウムは、アルケン類から cis-1,2-ジオールへと変換する重要な酸化剤です。この合成プロセスをスケールアップする際には四酸化オスミウムの毒性、およびオスミウム廃液が問題となります。当社では、この毒性の強いオスミウムを厳重に管理することで、安全かつ効率的な製造を実現しました。

オスミウム酸化反応とは

    ・医薬品や天然物中間体の合成では、アルケン類から cis-1,2-ジオールを得るプロセスが汎用的に使用されています。

    中でも、四酸化オスミウムを用いてアルケンを cis-1,2-ジオールへと変換する反応は、極めて穏和に進行する上、他の試薬では実現しにくいため、頻繁に用いられています。

    また、キニーネ/キニジン由来の不斉配位子を併用すれば、不斉ヒドロキシル化も可能です。(Sharpless不斉ジヒドロキシル化)。

    《反応例》

     

    当社は、

    マイクロカプセル化したオスミウムやその金属塩を用いた、安全かつ効率的なジオール化

    プロセス中のオスミウム含量を管理することで、製品中のオスミウム含量を管理・保証すること

    が可能です。

    《実施例》

     スケール) 200〜10000LGL 釜

     条件) -5℃〜30℃

     当社では安全かつ効率的なオスミウム酸化が可能です。是非当社へご用命下さい。

さらに詳しくはお問い合わせください。製品へのご質問・ご要望をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

受託製造で、お客様のご要望にそった製品をご提案・サポートできます。

受託製造について

他の製品をお探しですか?

製品カテゴリ(一覧)から探す 用途から探す