HOME  >  技術・設備  > 

極低温反応

 当社は極低温域での反応装置として、60LSUS釜と1000LGL釜を保有しております。いずれもジャケットによる冷却システムを採用しており、コンタミネーションの心配はありません。1000LGL釜は、-80℃から130℃までの内温に対応できるマルチプラントタイプとなっております。更により安全で特徴的な反応ができるフローリアクターも保有しており、極低温域での反応を安全にかつマイルドに実施した実績もございます。


設備概要

1)試作機

 ・容量と材質:60LSUS

 ・冷媒:液体窒素

 

2)生産機

 ・容量と材質:1000LGL

 ・冷媒:オイル(液体窒素による二次冷却方式)

 

3)フローリアクター

 ・材質:SUS

 

対応可能な反応例

・ボロン酸合成

 

・DIBAL還元

 

・Corey-Fuchs反応

 

さらに詳しくはお問い合わせください。製品へのご質問・ご要望をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

受託製造で、お客様のご要望にそった製品をご提案・サポートできます。

受託製造について

他の製品をお探しですか?

製品カテゴリ(一覧)から探す 用途から探す