FUJIFILM Wako

2011年8月29日 独自技術を採用した血清・血漿からの低分子RNA抽出キット
「マイクロRNA エキストラクター® SPキット」を発売
― 微量の血清・血漿から簡便・高効率にマイクロRNAの抽出が可能に ―

和光純薬工業株式会社(本社: 大阪市中央区 社長 松本隆男 以下、和光純薬工業)は、血液(血清および血漿)から低分子RNAを抽出するキットとして「マイクロRNA エキストラクター® SPキット」を9月に発売いたします。

近年、マイクロRNA(注1)やsiRNA(注2)などの低分子RNAに関する研究は、新しい生命現象の解明や医薬品の開発などに大きく貢献しており、現在も急速に発展を続けています。

マイクロRNAは、細胞中で様々な遺伝子の発現をコントロールし、細胞の分化や癌化に関連している生体内分子です。近年、マイクロRNAが血液中に存在することが報告されたことをうけ、血液中マイクロRNAが、癌や生活習慣病などの疾病診断や、疾病を治療する医薬品の効き易さの患者別診断のための新規バイオマーカーになり得るとして、日本、米国、中国などで多くの研究者が研究し、その動向に注目が集まっています。

一方、siRNAは、特定の遺伝子発現を特異的に抑制するため、次世代医薬品の一つである核酸医薬の候補物質として、国内外の製薬企業がこぞって開発を進めています。siRNA医薬の開発過程で、血中半減期の測定やデリバリーシステムの検証などが必須であり、投与したsiRNAを血液サンプルから高効率に抽出する手法が求められています。

このたび発売いたします「マイクロRNA エキストラクター® SPキット」は、独自技術を用いることにより、わずか200μLという微量の血清・血漿(ヒトおよびラットなどの実験動物由来)から簡便かつ高効率に低分子RNAを取得できるキットです。また、従来の抽出方法で必要とされていたフェノールやクロロホルム等の劇物を使用せず、研究室での取扱いも容易です。さらに、本キットに使用により、投与されたsiRNAのモニタリング等においても効力を発揮する可能性があります。

今後とも、和光純薬工業では、本キットをはじめとして、新規バイオマーカー探索や核酸医薬開発に有用なマイクロRNA研究用試薬の提供を通じて、世界の人々の健康と医療の未来に、より一層貢献していきます。

【商品名】 マイクロRNA エキストラクター® SPキット
  (45,000円, 50回用)

商品写真 ※クリックで画像拡大
商品写真

注釈

注1 マイクロRNA
マイクロRNAは、約22塩基からなる一群の機能性低分子RNAです。ヒト、マウスを はじめ様々な生物種で数十から数百種類が同定されており、細胞の分化や癌化などに深く関わっていることが報告されています。
マイクロRNA研究は、近年米国を初めとする諸外国で急速に進展している研究分野で あり、機能未知の新規マイクロRNAの同定、機能解明が進められています。また、ヒトやマウスでは千種類以上のマイクロRNAの存在が示唆されています。

注2 siRNA
siRNAは、21塩基からなる低分子RNAで、細胞の中に導入することで、標的になるmRNAに結合し、特定の遺伝子の発現を特異的に抑制することができます。よって、遺伝子の機能を簡便に解析できるツールとして世界中で汎用されています。siRNAは人工的に合成することができ、試薬として一般販売されています。


こちらに記載の情報は発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。