和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  受託サービス  >  リアルタイム定量PCR(qPCR)解析

リアルタイム定量PCR(qPCR)解析

REPERTORE GENESIS 本品は、サイトカインやCD抗原(細胞表面に存在する分子)などの免疫応答に関連するタンパク質の元となる遺伝子について、リアルタイム定量PCR解析を実施することで、検体中の発現量(コピー数や存在比率)を評価することができます。TCR/BCRレパトア解析と併用することで、免疫応答の性質についてより深い理解が得られます。


特長

  • リアルタイム定量PCRを実施し、検体に含まれるさまざまな遺伝子発現量を評価することができます。
  • 検体をお預かりし、Repertoire Genesisにてtotal RNA抽出、cDNA合成、特異的プライマーセットおよびスタンダードサンプルを用いてリアルタイム定量PCRを実施し、データ集計(複数群の場合は群間の統計処理)、報告書を納品致します。
  • ヒトおよびマウスにおいて、一般的な項目(CD3、CD4、CD8、IFNg、TNFa、IL-2、IL-4、IL-5、IL-10等)を揃えております(他の項目につきましてはお問い合わせください)。

背景

免疫応答に関連する遺伝子の発現量を評価する方法としてFACS(フローサイトメトリー)解析が昔から使われていますが、多くの細胞数が必要であること、細胞内発現タンパク質について評価することが難しいなど、いくつかの制限がありました。そのような中、タンパク質の発現量とmRNAの発現量は相関することが知られており、また細胞間で発現量が安定している標準遺伝子(ハウスキーピング遺伝子:HKG)を補正値として用いることで、正確に免疫関連遺伝子の活性化(発現量の増加等)を評価できるようになりました。

〈原理〉 リアルタイム定量PCR(qPCR)解析

まず検体より抽出したTotal RNAを逆転写酵素によりcDNA合成します。次にmRNAとgDNAと見分けるために複数のエクソンをまたぐ形で設計された対象遺伝子特異的プライマーを用いて、また蛍光を発する試薬(SYBR Green I)をPCR系に加えるインターカレーター法を利用することで、PCR増幅の過程を撮影し、取得された蛍光強度から遺伝子の増幅量を推測します。また、あらかじめ対象遺伝子を精製し濃度が判明しているスタンダードサンプルを同時に解析することで、検体の遺伝子発現量をコピー数として算出することができます(図)。


図. リアルタイム定量PCR解析の作業フロー

用途例

■TCR/BCRレパトア解析とあわせた免疫学的機能解析

レパトア解析によって、活性化している特異的T細胞を特定した後、さらにそのT細胞集団がどのような免疫学的性質を示しているか調べることができます。例えば炎症部位において細胞性免疫が関与する場合、ソートサンプルを用意しなくても本解析によりCD4やCD8の割合、Th1もしくはTh2型のサイトカインの産生プロファイルを評価することができます。

■ご希望の遺伝子について発現状況を確認

マイクロアレイを実施するには検体数が多く、測定したい項目は多くないなど、小回りが利く実験に適しています。評価したい遺伝子情報をお伝え頂き、弊社に検体を発送するだけで、その後の特異的プライマー設計、スタンダードサンプル作成等は、弊社で承ります。

サービスの流れ

お見積もり

検体種類、検体数、納期をお伺いし、お見積もりを提出します。

ご発注

お見積もり内容をご確認の上、お客様が和光純薬工業の受託解析サービスに発注します。

検体発送

お客様がRepertoire Genesisに検体を発送します。

RNA抽出

お預かりした検体よりRNAを抽出し、品質チェックを行います。品質に問題がある際はご連絡させて頂く場合がございます。

qPCR解析*

qPCRによって対象とする遺伝子の発現量を評価します。
*新規項目につきましては測定系の確立のためお時間を頂く場合がございます。

データ解析

コピー数の算定と群単位での評価が可能な場合は統計処理も実施致します。

納品

データ解析が完了した時点でお客様にご連絡、解析結果を報告書とDVDにて納品いたします。


ご提供いただくもの

Total RNAが安定化されている検体、抽出済Total RNA

RNAは大変分解されやすいものです。検体は必ずRNA later等のRNA 安定化試薬に浸漬保存してください。詳しい検体採取方法につきましては、Repertoire Genesisのホームページより検体採取プロトコールが入手できますので、必ずご参照ください。

ご注文方法

和光純薬工業の受託解析サービスへご連絡ください。
受託サービス見積依頼書をご利用ください。

価格/納期

価格 納期
お見積もり内容をご確認ください 検体受け取り後1ヵ月

納品物

  • 納品書、解析報告書
  • DVD(qPCR解析データ、統計処理データ)

実施例


リアルタイム定量PCR(qPCR)解析時に確認される増幅曲線(左)と増幅の特異性を評価するメルトカーブ(中)。プライマーダイマーなどの非特異産物と区別して解析することができる。


スタンダードサンプルを基準として、検体の遺伝子発現量を算出した場合、表現方法の一例として上図のようなグラフを作成できる。 複数の群においてある程度のn数をもってqPCR解析を実施することで、統計学的に有意な結果を得ることができる。



掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  受託サービス  >  リアルタイム定量PCR(qPCR)解析

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806