富士フイルム試薬 [Laboratory Chemicals]試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  受託サービス  >  DNA免疫法による抗体作製

通常の抗体作製は、ペプチドや精製されたタンパク質を抗原とし、動物に免疫して作製いたしますが、DNA免疫法は、発現ベクターに組み込んだ目的タンパク質の遺伝子を動物に導入し、動物の体内で発現させ、その目的タンパク質を抗原として抗体を作製、回収する技術です。ネイティブフォームのタンパク質を認識する抗体作製法ですので、治療用/診断を視野に入れた抗体や膜タンパク質に対する抗体、中和/機能性抗体などを作製することができます。


特長

  • 精製抗原を調製する必要がありません。抗膜タンパク質抗体の作製に最適です。
  • ネイティブフォームのタンパク質を認識する抗体を作製できます。
  • 弊社独自の発現ベクターにより、90-100%とホモロジーの高いターゲットに対する抗体の作製ができます。
  • GPCRなどの複数回膜貫通型タンパク質を認識する抗体作製の実績が多数あります。
  • これまでの抗体作製の成功率は約80%と非常に精度の高いサービスです。

原理

原理


サービスの流れ

抗体作製戦略の立案:Feasibility Study

お客様からいただいた配列情報や使用目的を元に、ターゲットの構造および性質を分析し、抗体作製戦略を提案させていただきます。
具体的には、弊社の持つin-house発現ベクターの中から、ターゲットの構造および性質を踏まえた最適なベクターを選択し、最適な免疫領域および免疫方法、スクリーニング方法を報告書と共に提案させていただきます。

  希望納入価格 納期
抗体作製試験のご提案 95,000円 2週間

ほ乳細胞における抗原の発現解析(フローサイト):Milestone 1

細胞表面での発現確認:上記Feasibility studyで決定した内容に基づき、ターゲット遺伝子をin-house発現ベクターにクローニングし、免疫プラスミドを作製いたします。それを用いてターゲットの細胞表面での発現レベルを一過性強制発現ほ乳細胞を用いてフローサイトメーターで評価します。このステップでの発現レベルが、Milestone 2(免疫)への移行の重要な判断材料となります。このベクターにはあらかじめtag配列が含まれており、発現確認は抗tag抗体を用いてターゲットの発現レベルを確認いたします。

ほ乳細胞における抗原の発現解析 希望納入価格 納期
Normal protein 600,000円 1ヶ月
(cDNA合成納期は含まれません)
Multiple transmembrane protein 750,000円

※分泌型タンパク質、1回膜貫通型タンパク質、細胞内タンパク質

抗血清(ポリクローナル抗体)の作製:Milestone 2

細胞表面での発現確認:上記Feasibility 動物への免疫:作製した免疫用プラスミドを動物に免疫いたします。免疫方法は、皮下免疫です。抗血清の回収6-10週間にわたって免疫を行った後に抗血清を回収します。抗体価をMilestone 1で作製した一過性強制発現細胞を用いてフローサイトメーターで評価します。また抗血清は個体ごとに回収し、お客様へ評価用サンプルとしてお送りします。なお、この解析の際用いる発現ベクターは、免疫に用いたものとは異なるtagが挿入されているものを用いるため、tagに対する抗体価は除外されますので、特異抗体価を測定することになります。

抗血清(ポリクローナル抗体)の作製 動物 希望納入価格 納期
Normal protein マウス 6匹 450,000円 1.5ヶ月〜
ラット 600,000円
Multiple transmembrane protein マウス 10匹 650,000円 2.5ヶ月〜
ラット 1,000,000円

モノクローナル抗体の作製:Milestone 3

Cellベースのスクリーニング:モノクローナル抗体スクリーニングには、一過性強制発現ほ乳細胞を用いたフローサイトメーターとCell-ELISAによる解析を行います。場合によってはお客様ご指定の細胞を用いて、解析作業/スクリーニングを実施いたします。なお、本スクリーニングに用いる発現ベクターも、Milestone 2の血清解析時に用いたものと同様、免疫に用いたものとは異なるtagが挿入されているものを用いるため、tagに対する抗体は除外されます。
最終的には、特異的反応性を示すハイブリドーマ細胞6クローンの培養上清20mL(増量可能)を納品させていただきます。ハイブリドーマ細胞は案件終了後3年間を保管期限とし、別途お買い上げいただいております。

モノクローナル抗体の作製 希望納入価格 納期
Normal protein 2,100,000円 1.5ヶ月〜
Multiple transmembrane protein 2,500,000円

抗体大量生産:Milestone 4

腹水生産:ヌードマウス腹水生産により、抗体の大量生産・ProteinGカラム精製も承ります。お客様がお持ちのハイブリドーマを用いた腹水生産も対応いたします。

抗体大量生産 希望納入価格 納期
ヌードマウスを用いた腹水生産 300,000円/5匹 2週間〜
抗体精製・解析 200,000円/1抗体 2週間〜

作製実績

技術導入元のAldevron社で300案件以上、弊社で100案件以上を実績があります。弊社での抗体作製の成功率は78.6%です。
抗体作製成功率(2012年12月時点)

抗原タンパク質の局在性 成功率※2
分泌型 85.7%
GPIアンカー 100%
トランスメンブレン Type T 88.2%
トランスメンブレン Type U 75.0%
トランスメンブレン MMP※1 57.1%
細胞質/核 83.3%
成功率 77.5%

※1 MMP;Multiple-membrane spanning prorein(複数回膜貫通タンパク質)
※2 評価系;抗原を膜上に発現させたほ乳細胞を用いたフローサイトメトリー解析

以下のケースの場合、弊社のDNA免疫法による抗体作製サービスはおすすめできません。
 1. ウエスタンブロット用抗体(変性タンパク質は認識しないケースが大部分です。)
 2. 細胞内に抗原タンパク質が留まる、もしくは細胞外領域が小さい。
 3. 発現量が極めて少ない。


オプション

異種細胞を用いたモノクローナル抗体のスクリーニング
お客様ご指定の細胞(がん細胞など)を導入し、抗血清解析およびモノクローナル抗体のスクリーニングが可能です。
(別途費用250,000円〜)
免疫動物
お客様ご指定のTG動物、KO動物への免疫も可能です(別途お見積もり)。また、免疫動物の匹数追加(5匹単位から)、免疫期間の延長も可能です。
ペプチド抗原・精製抗原を用いた抗体作製
ご指定のペプチド抗原および精製抗原を用いた抗体作製も承ります。ペプチド抗原および精製抗原の作製は国内の提携先にて実施いたしますが、精製抗原においては弊社受託サービスも可能です。(p004「タンパク質発現」およびp025「昆虫細胞・バキュロウイルスによる発現系」をご参照ください。)
B-cellストック
Milestone 2終了後、免疫動物よりB-cellを摘出し、弊社にて凍結保存も可能です。(別途費用 150,000円/ターゲット)

注)オプションは全て別料金となります。詳細についてお問い合わせください。

マウス/ラットIgG可変領域遺伝子解析 
マウス 900,000円、ラット 2,500,000円
納期 2ヶ月〜
(別途ハイブリドーマ細胞を購入していただく場合がございます。)


特長2

DNA免疫法によって作製される抗体のアプリケーション
ネイティブフォームのタンパク質を認識する抗体を作製する技術であることから、変性状態の抗原タンパク質に対する反応は極めて微弱になりますが、FACS、凍結試料に対する免疫染色や診断薬、中和抗体/機能性抗体など生体由来の試料に対する抗体作製には有用な技術です。

1. ウエスタンブロッティング
ウエスタンブリッティング


2. FACS解析
FACS解析


DNA免疫抗体の解析系適合範囲

DNA免疫抗体の解析系適合範囲


表示価格はすべて税別価格です。

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  受託サービス  >  DNA免疫法による抗体作製

富士フイルム和光純薬工業

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: ffwk-labchem-tec@fujifilm.com URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806