和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  受託サービス  >  カルプロテクチン測定

細胞評価活性測定
カルプロテクチン測定

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)マーカーの一つ、カルプロテクチンの測定を実施しております。

■糞便中のカルプロテクチン値が、炎症性腸疾患(IBD)の優れた炎症活動マーカーとして学会・論文で注目されています。
メリットその1:糞便中の濃度を測定するので、採血や内視鏡検査の必要がありません。
⇒被験者の苦痛が軽減します。

メリットその2:CRP、赤沈検査(ESR)、白血球数は、腸管だけでなく体の他の部分の炎症においても高値を示しますが、便中のカルプロテクチンは腸管粘膜の炎症のみを反映します。
⇒潰瘍性大腸炎(UC)やクローン病(CD)に対する特異性や感受性が優れています。

メリットその3:カルプロテクチンの測定はCrohn’s disease activity index(CDAI)やUlcerative colitis activity index(UCAI)、
Harvey-Bradshaw activity indexより、粘膜の炎症を反映しています。

【カルプロテクチンとは】
 主に好中球(一部、単球や活性化マクロファージ)により分泌されるカルシウム結合タンパク質で、好中球の管腔への移行に比例し、糞便中のカルプロテクチン濃度が上昇することが知られています。
便中のカルプロテクチンはUC やCD に対する特異性や感受性が高いため、再燃リスクマーカーとなります。
便中のカルプロテクチンが50 μg/g を越えると、炎症性腸疾患の再発リスクが13 倍上昇することが報告されています。


サービス内容

ELISA法で測定いたします。
測定する被験対象の糞便のスプーンひとさじ程度を、検便の容器に入れ、冷凍でご送付ください。

■カルプロテクチン検量線データ


価格

■前処理
便中のカルプロテクチン抽出:5,000 円/検体あたり
■測 定
ELISA法測定 40 検体毎
40 検体まで:400,000 円
80 検体まで:730,000 円

表示価格はすべて税別価格です。

その他

試験の詳細については、お問い合わせください。
※本業務は、依頼者に代わり糞便中のカルプロテクチン値を測定します。従って、その測定値の評価は、依頼者自身のご判断でお願いいたします。受託に伴って公開される試料の情報、測定結果、依頼主様の個人情報等は本受託業務の遂行のみに利用し、他の目的に利用したり、第三者へ開示することはありません。また、本測定は研究を目的としております。病気の診断には使用できません。

参考文献

Digestive and Liver Disease 2009;41:56-66 World Journal of Gastroenterology 2008;14(1):53-57

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  受託サービス  >  カルプロテクチン測定

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806