和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  受託サービス  >  アトピー性皮膚炎モデルマウスの惹起作業

アトピー性皮膚炎モデルマウス
アトピー性皮膚炎モデルマウスの惹起作業

「ビオスタ®AD」※を使用してマウスに慢性化アトピー性皮膚炎を誘発し、発症マウスをお返しするサービスです。

※アトピー性皮膚炎の原因の一つとされる屋内塵性ダニ由来のアレルゲンを含む軟膏状の試薬で NC/Ngaマウスに反復塗布することで経皮的に感作を成立させます。

特長

ヒトのアトピー性皮膚炎発症に関係のあるダニ虫体成分を誘発に使用します。
アトピー性皮膚炎に類似した症状を誘発します。
現在治療に用いられているステロイド軟膏およびプロトピック軟膏の効果が確認できます。
皮膚炎が発症すると、誘発を中止しても皮膚炎が持続し、医薬品の評価系として使いやすいです。
マウス背部での滞留性に優れ、少量で皮膚炎を誘発できます。
皮膚炎の発症率が高い。
皮膚炎誘発までの期間が従来法(抗原液の反復塗布)よりも短い。

サービスの流れ

お客様でご用意いただいたNC/Ngaマウスをビオスタまでお送りいただきます。NC/Ngaマウスは日本チャールズ・リバー株式会社製品を推奨いたします。皮膚炎の誘発作業を行い、お客様へ発症マウスをお返しいたします。

誘発例

4 %SDSで皮膚のバリアを破壊後、マウス背部および耳介部に本品を週2 回、100 mg/匹/回塗布します。誘発期間の目安は3週間(計6 回)です。本モデルでは塗布開始1 〜2 週間目から発症、3 〜 4 週間で約80 %の発症率を示します。

ご提供いただくもの

NC/Ngaマウス(日本チャールス・リバー株式会社製推奨)、5 匹〜

価格/納期

■価格 お問い合わせください。
■納期 マウス到着後 約6 週間

納品物

発症マウス

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  受託サービス  >  アトピー性皮膚炎モデルマウスの惹起作業

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806