和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  受託サービス  >  BAC Tg遺伝子改変動物作製

セミノックインマウス・ラット
ゲノムDNAクローンを利用した作出サービス
特定の細胞、組織選択的にレポーター遺伝子(GFP、ルシフェラーゼ等)を発現するマウス(ラット)モデルは、in vivoにおける遺伝子機能の解析に非常に有用です。しかし、従来のトランスジェニックマウス(ラット)技術では、目的の細胞、組織に正確に外来遺伝子を発現させることは非常に困難な作業でした。また、SNP解析等で得られた変異をもった遺伝子の機能解析をin vivoで実験するには、その遺伝子サイズと発現環境より難しい面がありました。

ゲノムDNAクローンを利用したノックインマウス(ラット)は、200 kbにおよぶゲノムDNA配列の組換え体を直接導入されたトランスジェニックラットです。コアプロモーターに加えて、組織特異的エンハンサーを含む発現ユニットを全て導入できるので、特定の細胞、組織選択的に外来遺伝子を発現させることが可能です。また、目的とする遺伝子を含むヒトゲノムDNAクローンが存在すれば自由自在に作製が可能です。


受託の流れ


Red/ETテクノロジーについて

セミノックイン動物の作製を可能にした“大腸菌体内での遺伝子ターゲティング”はGene Bridges GmbHより実施許諾権を取得しています。

大腸菌内での能動型相同組み換え反応 であるRed/ET Recombination Technology (Zhang Y et al, A new logic for DNA engineering using recombination in E.coli., Nature 20 (1998) 123-128) を利用して、標的とする遺伝子を含むBACクローンから導入したい遺伝子を含む組換えBACクローンを構築することができます。

セミ・ノックイン(BAC Tg)マウス・ラット
         ll
ゲノムレベルのhumanized model
 1.単一遺伝子疾患の発症メカニズム、治療法の探索
 2.SNPsデータの生物学的評価
 3.抗体医薬開発における病態モデル動物の作製
の研究に有効利用できると考えています。

Red/ET systemとは
組換えタンパク発現plasmidを目的とするBACクローンを保有する大腸菌に導入し、相同組み換えを行うシステムです。


組換え酵素ペアRedα/Redβ(またはRecE/RecT)によるDouble-strand Break Repair(DSBR)

1)Redα(またはRecE)の5'→3'エキソヌクレアーゼ活性により3'側のDNAが一本鎖になります。
2)この突出した3'側の一本鎖DNAにRedβ(またはRecT)が結合します。
3)タンパク質−核酸フィラメントに、相同なDNAが結合し、3'末端がプライマーとなり複製されます。

実験例:Red/ETテクノロジーを利用したADP-lucセミノックインマウス


価格


 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  受託サービス  >  BAC Tg遺伝子改変動物作製

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806