和光純薬工業株式会社 試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

分子間相互作用関連機器

分子間相互作用解析装置
FCS/FCCS コンパクト

FCS/FCCS Compact

  • カタログ
  • 固相化不要
  • 分子間相互作用解析をより簡単に
製品コード
307-15471:FCS コンパクト BL
304-15481:FCS コンパクト GR
300-83351:FCCS コンパクト
303-83341:マイクロウェルスライドA10657-01
  • カンタン見積もり依頼

概 要

FCS コンパクトは、蛍光相関分光法(FCS: Fluorescence Correlation Spectroscopy)の原理を用いて、溶液中の分子間相互作用を1分子レベルで観測できる装置です。分子同士の結合・解離の状態を拡散時間により識別します。
FCCS コンパクトは、異なる蛍光色素で標識された2種類の分子から得られる蛍光信号の同時性を識別し、分子同士の結合・解離を測定します。

ページトップへ

特 長

  • 分子の大きさ(分子量)と分子の数(濃度)を1分子レベルで解析
  • 液中での反応を見るため、固相化不要で前処理簡単
  • 少ない試料で計測可能(nM、~25μL)
  • 短時間でデータ取得(1サンプル数十秒~ 1分)

ページトップへ

活用事例

  • リガンドと受容体相互作用
  • 抗原抗体反応
  • DNA-DNA 相互作用
  • タンパク質相互作用

ページトップへ

測定原理

FCS は共焦点レーザーを用い、1フェムトリットルの領域までレーザー光の焦点を絞り、分子が共焦点領域を通過したときに発する蛍光のみを効率よく検出することが出来ます。
FCCSは2 つの異なる蛍光色素で標識した分子から、2つの蛍光信号を検出します。2つの蛍光信号の揺らぎの同時性より、2分子間の相互作用を求めます。

溶液中の分子はブラウン運動により自由に移動しています。小さな分子は動きが速く、共焦点領域を速く通過するため蛍光の信号強度の変化が速くなりますが、大きな分子は動きが遅いため蛍光信号強度の変化が遅くなります。この蛍光の信号強度の揺らぎの速さから分子の運動速度(並進拡散時間)を自己相関法により求め、分子の大きさを推測します。

蛍光相互相関分光法(FCCS)は、分子間相互作用を高感度かつ定量的に検出する1分子蛍光観測技術です。相互作用すると思われる2分子を異なる色の蛍光色素で標識し、微小領域に由来する2つの蛍光信号の揺らぎを解析します。2分子の結合の程度に比例して揺らぎの同時性が生まれ、相互相関が増強するので、相互作用を定量的に検出することが可能です。

ページトップへ

主な仕様

コードNo. 品名 内容 希望納入価格
307-15471 FCS コンパクト BL(レーザー波長473 nm) 1式 7,500,000円
304-15481 FCS コンパクト GR(レーザー波長532 nm) 1式 7,500,000円
300-83351 FCCS コンパクト(レーザー波長445 nm) 1式 14,000,000円
303-83341 マイクロウェルスライドA10657-01 10枚 33,000円

FCS/FCCS 用マイクロウェルスライド

ページトップへ

製品のお見積もりはこちらからお気軽にどうぞ
カンタン見積もり依頼
製品情報
エンドトキシン測定及び関連機器
マルチファンクショナルプレートリーダー
吸光マイクロプレートリーダー及び周辺機器
遺伝子・タンパク質関連機器
細胞・イメージング関連機器
医薬品原料・治験製造支援製品
ハイスループット関連機器
分子間相互作用関連機器
有機合成関連機器
研究支援製品

製品のお見積りは、こちらからお気軽にどうぞ

カンタン見積り依頼

機器お問い合わせシステム

  • マイページ
  • 登録内容修正
  • パスワードをお忘れの方
  • キャンペーン情報
  • キャンペーン情報
  • セミナー・学会情報
  • 機器システム総合カタログ
  • 映像・コマーシャルライブラリー

ページトップへ