和光純薬工業株式会社 試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

研究支援製品

自動フルイ
ピエゾ/コイル自動フルイ

ビオスタ社製

  • カタログ
  • 動画
  • 市販のフルイにワンタッチで取り付け可能
  • 磁気の発生なし
  • 振動の微調整が可能
  • 希望納入価格 ¥1,400,000~
製品コード
  • カンタン見積もり依頼

概 要

ピエゾ/コイル自動フルイは、市販のフルイへの取り付けがワンタッチでできます。
現在ご使用中のフルイに取り付けるだけで、効率的に短時間でフルイが完了します。
また、磁気や熱の発生もなく、軽量コンパクトで場所を選びません。

ページトップへ

特 長

  • 市販のフルイにワンタッチで取り付け可能
  • ピエゾ素子使用のため磁気の発生無し
  • 超音波素子のように熱の発生無し
  • 周波数、波形を調整可能
  • 軽量コンパクト
  • 誰でも容易に共振点を見つけることが可能
性能比較
自動フルイ超音波フルイピエゾ/コイル自動フルイ
粉体×(篩えない粉体あり)○(選ばない)高性能
持ち運び×○(4kg)計量
フルイ×(選択不可)×(接着)○(ワンタッチ取付)高機能
熱発生×○(熱発生無し)安全
×(激しい振動音)×(耳障りな高音)○(若干の可聴音)環境配慮
磁気発生×○(磁気発生無し)安心

ページトップへ

仕 様

出力可変 2CH 独立 20W、 出力端子 4個
コントローラー部(W×D×H)mm280×280×110
ピエゾ振動部(W×D×H)mm66×66×80
周波数可変 2段切り替え、200Hz~18KHz 
電源DC 12V、ACアダプター付属
希望納入価格(円)1,300,000

ページトップへ

原 理

ページトップへ

測定方法

圧電素子のコネクターを本体背部の振動体接続端子にそれぞれ差し込んでください。
(2本のコネクターは上下セットで差し込みます)

フルイの枠に振動体をはめ込んでください。フルイの向きは図のように振動子が外向きになるようにしてください。

図中の通り、ボリュームが最小の位置であることを確認して電源をお入れください。

ボリュームを上げ、図中のつまみを回して周波数を調整し、最適な周波数を見つけてください。

【効率的な使用方法】
  • 一般的なフルイ(Φ100~Φ300)では振動共振点は320Hz前後にあります。
    周波数ボリューム(FREQUENCY)を目盛3.0から4.0の間で調整を行うと最適値が得られます。
  • 最適値を見つけるには、篩に通したい粉体をスパチュラー一杯(5cc)程度をすくい取り、粉体をフルイの中心に置き、 振動で粒子が最も広がり、網目を通過する周波数を確認してください。
    最適周波数が確認されたら、デューティー比を調整し、最も粒子が落下しやすい比率を確認してください。
  • 流れにくい粒子は大量にフルイに投入すると効率が悪くなります。
    フルイをトレーなどの上に設置し、スパチュラーで順次少量を投入すると効果的です。

ページトップへ

製品のお見積もりはこちらからお気軽にどうぞ
カンタン見積もり依頼
製品情報
エンドトキシン測定及び関連機器
マルチファンクショナルプレートリーダー
吸光マイクロプレートリーダー及び周辺機器
遺伝子・タンパク質関連機器
細胞・イメージング関連機器
医薬品原料・治験製造支援製品
ハイスループット関連機器
分子間相互作用関連機器
有機・分析関連機器
研究支援製品

製品のお見積りは、こちらからお気軽にどうぞ

カンタン見積り依頼

機器お問い合わせシステム

  • マイページ
  • 登録内容修正
  • パスワードをお忘れの方
  • キャンペーン情報
  • キャンペーン情報
  • セミナー・学会情報
  • 機器システム総合カタログ
  • 映像・コマーシャルライブラリー

ページトップへ